中学受験と英語(英検)の両立 英語はいつから勉強する?

中学受験 英語 英検 両立 いつから 中学受験
スポンサーリンク
スポンサーリンク

中学受験するなら英語の勉強は不要?

私は中学受験する場合も、英語の勉強をした方がよいと考えています。

理由は以下の通りです。

中学受験で英語が得意だと優遇される場合がある

英検を持っていれば加点がある場合や、英語の試験を選べる学校など、中学受験にも英語を取り入れる学校が増えていること。

中学入学後の英語

英語を習っている子も多いので、中学入学後、英語が苦手だと苦労する。

小学校でも英語の成績がつく

小学校でも英語の成績がつくこと、英語が得意だと自信もつく。

英語は大学受験でも重要な科目であり、小学校から苦手意識を持たせないで、自分は英語が得意だという自信を持たせたい

中学受験をする場合、英語はいつから勉強する?

高学年になると受験勉強で時間がとれないので、2~3年生から英語の勉強を始めるのがよいと思います。

我が家は3年生から2年間、公文に通いました。

英会話はできるようになりませんが、小学校の英語の勉強や英検の対策には公文の英語おすすめです。

英語(英検)のレベルはどこまでをめざすか

英検3級をめざすのがよいと考えます。

公文の英語に2~3年通えば英検3級がとれるレベルになることや、英検の3級くらいから中学受験で加点があります。(学校により異なるのでご確認ください。)

中学受験と英語(英検)の両立にはスケジュールが大切

実は我が家の6年生はスケジュールミスで英検の3級に合格できていません。

失敗を踏まえた、おすすめのスケジュールは以下の通りです。

中学受験と英語(英検)おすすめのスケジュール

小学校3年生から公文の英語を始める。(英語が心配な場合は2年生くらいでも)

公文の英語に取り組みながら英検を受けていく

5年生くらいになると、受験勉強が忙しくなるので、公文を退会

まだ3級に受かっていない場合は、5年生の間に合格をめざす。

6年生になると、塾の時間も増えるので英検の受験は難しいと思います。

まとめ

中学受験をする場合も英語の勉強をするのがおすすめ。

中学受験に英検の加点がある場合があること、中学入学後の英語のため、小学校でも英語の成績がつく、なにより英語に苦手意識を持たせず、得意だという自信をつけることが大切だと考えるため。

中学受験と英語(英検)を両立させるには、小学校3年生には英語の勉強を始め、小学校5年生の間に英検3級の合格をめざす。

タイトルとURLをコピーしました